沖縄に行くなら一度は体験しておきたい神秘のダイビングスポット。

沖縄の青の洞窟は国内随一のダイビングスポット。

毎年ツアー客で賑わいますが、夏のシーズン間近になると予約がとれなくなるほどの人気があります。

その理由は、洞窟内に広がる神秘的な青のコントラストと未知の魚達が押し寄せてくるその美しさにあります。

この神秘的な水中世界をより間近に体験したいなら、やはり沖縄のダイビングがおすすめです。

沖縄本島西岸から幹線道路を使って行くアクセスルートがあったり高速道路を使ってのルートもあったりと、観光スポットに欠かすことのできない足回りの良さも魅力です。

参加者は各自それぞれシュノーケルなどの道具は持参しますが、たとえば現地の他のスポットを巡っていて、いきなり青の洞窟に行ってみようかと思い立った人やグループにも、用具はツアー会社や現地のレンタルショップで貸し出してくれます。

ツアー参加者の基本は現地集合です。

ツアー会社によっては別途に定められた店舗に集合してそこからボートに乗りあわせ、青の洞窟に向かうというケースもあります。

初心者でももちろん大丈夫。

一定の年齢に達していれば子供でも参加できます。

青の洞窟でのダイビングのもう1つの魅力は、熱帯魚餌付けなどの幸運に巡り合うこと。

すべてのプランに餌付けがついているわけではありませんので、どうしても餌付けを楽しみたいという方は、あらかじめツアー会社に問い合わせをして確認しておきましょう。

団体コースのほか単独コースもあります。

申し出をすれば、単独コースでもスタッフが案内・指導をしてくれますので、初めての方、2人きりで体験したい方でも大丈夫です。

天候によって中止となる場合もあります。

人気のダイビングスポットとあって、ツアーの種類やサービスも豊富なのも魅力的ですね。