ダイビングをするなら、沖縄の青の洞窟が一番!

by ,

景気が悪くなると海外ツアーや国内ツアーの利用者が減って、旅行業界はかなりの痛手をこうむると言われていますが、そんな中でも国内旅行の人気ランキングで20代から40代までの年齢層に最も支持されているのが沖縄。

しかもリピーターの率が、他の県の観光スポットなどにくらべると群を抜いて高いのがわかります。

沖縄の青い海は、冬でも温暖な気候だけに、ダイビングなどのマリンスポーツに興じる人たちの数が多く、年間を通して一定数の観光客を確保しているのが沖縄です。

沖縄だけに限りませんが、景気に左右されないほどのリピーターの数を確保するには、まず観光スポット、魅力のチェックポイントを現地にいくつもつかというのが大事なのだそうです。

その点でいえば沖縄はアクティブポイント満載で、訪ね歩く観光名所も満載、さらに「沖縄の青の洞窟」のような、世界に例がないほどの美しいダイビングスポットも有しています。

この青の洞窟は、ただ美しい青の世界が広がるというだけではなく、「日没までの太陽の動きで時々刻々と変化する青の七変化が世界遺産級だ」と豪語する人もいるほど。

定番の国内ツアータイトル「沖縄・青の洞窟」は超ロングランの人気商品で、シーズンに入ってしまえば予約を取るのは至難のワザというほどの状況になるそうです。

青の洞窟でのダイビングは、カラフルな熱帯魚、透明度の高い幻想的な水中世界を堪能できるとあって、沖縄に行くならぜひ行っておきたいダイビングスポットです。

旅行会社各社でダイビングが出来るツアーの商品化がされていますから、プラン比較や価格の比較もいろいろ吟味できて楽しいです。

ダイビングやシュノーケルのツアーにはもちろんスタッフが参加して、シュノーケリングや水中での熱帯魚達との接し方などをきちんと教えてくれるので安心。

プランによって時間帯が異なり、店舗集合や現地集合などがあります。

☆関連ニュース⇒http://news.livedoor.com/article/detail/10376568/